2020年06月14日

半年ぶりの経過観察、気になるところが、


おっぱいガン友プロジェクトのニューポン浩美です。

令和2年5月29日金曜日、暑~い、日差しが強い夏日となりました。

昨年の11月末に受診して、今年に入り、コロナ騒動があり、ちょうど半年後の経過観察の通院になりました。
病院の入り口には、スタッフが待ち受け、白衣と手袋とマスク、アイガードを
着用している人もいました。5~6人体制で、体温チェック、問診、手指の消毒、入館証のシールを衣服に貼られ、ようやく、診察券の受付機のチェックを済ますことができました。
1Fのロビーの会計コーナーの前は、以前と変わらずの人の多さを感じました。
エレベーターに乗って8Fまで、乳腺外科の受付にむかうと、待合の椅子に、いつもはたくさんの患者達が座っていて、今日も予約はしてあるけど、しっかりと、1時間は、ゆうに待たされるんだろうなあと、思いきや、なんと、待ち人は0人!
受付を済ますと、すぐに名前を呼ばれ、診察室に入れました。
コロナの影響下、やはり、これだけの大変化があるのですね~。
予約時間通りであったのは、今回がはじめて。今までは、1時間~2時間は当然のように待たされていましたので、患者の立場としては大変助かります。待合で待つだけなのですが、結構疲れるものです。
診察室で、半年ぶりに、先生の顔と声を聞くことができて、変わらずな様子で
患者の私から見ても安心しました。
先日の企業健診の結果、大腸検査、肺の検査の再検査の旨を伝え、肺の検査の方はこの後すぐに、CT撮影を受けました。画像を先生と見ながら、以前に小さな影があったのが、厳密に見ると少~しだけ大きくみえる、ただ、現状は、気になる咳はまったくないので、引き続き経過観察となりました。
大腸検査は、近くのクリニックで再検査を受けた方が良いとのことでした。
もうひとつ、気になるところは、左の脇の下のリンパのあたりに、コリコリしたシコリがあるのを、1か月前くらいに、入浴時に何気なく触ってみて発見しました。
2013年の8月に、左胸乳がんの温存手術時に、リンパに転移していた細胞も同時に切除しました。
その際に、隠れていたしこりの一部が、術後7年目にして、今回発見できてしまった可能性があるとのことです。私の場合は、術後の放射線治療を自分の意志でうけませんでした。
先生曰く、放射線で抑えていなかったために、出てきたのかもしれない、とも
お言葉がありました。
今回、自分で発見した、左の脇の下のしこりは、今回のCT撮影検査には映らなかったので、次回、診察時にエコー検査を受けることになりました。

自分の手で触った感じで、わかる大きさのシコリなのに、CT撮影検査では映らないとのことに、素人判断では、???ですが、
また、7年前の夏の暑さを彷彿とさせる8月に、次回の再診です。



2020年05月31日

五月も終わりになりますね~

おつパイガン友プロジェクトのニューポン浩美です。


早いもので、明日から6月ですね。コロナ旋風の中、連休も含めて充実した5月の1か月間を過ごされましたでしょうか?
私は元々、アウトドア派でしたが、ステイホーム条例が発令されてしまったので、
必然的に週末はインドアで過ごしました。
家の中のことに目を向けると、手付かずの場所の掃除や断捨離、インテリアのレイアウト変更や、ガーデニングの手入れ、新しい料理への挑戦、極めつけは、このご時世、なかなかヘアーサロンにも出かけられないので、夫と私で、お互いの髪を切りあい、私設美容室さながら、カッターに成りきってチャレンジしました。
結果は大成功!お互い満足のスタイルにまとまり、気分は上々!\(^_^)/ヤッター
そんなわけで、インドアライフも結構充実でした。
どんな状況下においても、アイデアを出し工夫して取り組み、
楽しんだもの勝ちだなあ~と、思いましたよ。

来週は、四国地方が梅雨入りとか、五月晴れの気持ちのいい季節もそろそろ終わりとなるとちょっと残念な気もしますが、梅雨の季節の楽しみ方も見つけていきたいと思います。

引き続き、皆様方におかれましても、コロナに感染しないように、三密を避け、予防を徹底してまいりましょう!


lovelomi at 16:34|PermalinkComments(0)女性の病気 

2020年05月05日

企業健診を受けて、体重が~あああ


おっぱいガン友プロジェクトのニューポン浩美です。

こんばんは。今日は2020年5月5日、こどもの日。端午の節句ですね。
そして、春の土用もあけて、立夏でもありますね。
我が家では、新茶に柏餅、よもぎ餅を頂き、菖蒲湯に入り、邪気払いをして
明日からも体調を整えて頑張っていこうと思っています。

先日の、3回目になる、企業健診ですが、今回からは、事前に自宅に検査キットが送られてきていて、便検査、尿検査は、あらかじめ、キットを利用して当日の持参でした。
問診票も、今回からは、事前に、ネット上で回答することになって、当日の記入操作はせずに済みました。
そんな配慮やシステムの進化により、かなり、時短で、スムーズに検査は流れていきました。
1番最初は、心電図でした。担当者は、私と同じくらいの年格好で気さくな感じのする女性で親近感が持てました。
心電図の前に、同じ部屋で腹囲を測るのですが、1年前の前回より、4センチもウエストがダウンしていて、その担当者いわく、「ま~、羨ましい~」と明るく一言。その後、別の部屋で、身長体重を測るのですが、体重はなんと6キロ減で、40キロを切っていました~。今まで、我が家で体重計にのることはなく、そのままスルーしてきましたが、ここまで、体重が落ちていたとは、自分でも、ビックリ!驚きでした。
原因はわかっていて、平日はフルタイムで仕事をしているのですが、今までは、ほぼほぼ100%お昼休みは外食でした。ただ、2019年の7月から、毎日、手作り弁当を持参するようになったのです。
14㎝×14㎝のジップロックのコンテナに、定番は、ゆで卵、シシャモ、ブロッコリー、プチトマト、黒ゴマと梅干のご飯。その日によって、プラスαのおかず有りという内容です。
昼食後から夕方までの間に、キリンの午後の紅茶を飲んでいましたが、糖分が多いと食後は眠くなるし、糖はがん細胞のエサとなるという文献にも出会ったので、
午後の紅茶も辞めて、紅茶のティーパックでホットティー無糖で、飲むことに変えました。
そんなわけで、外食を完全カットしたことが影響と考えます。外食はやはり、かなりカロリーが高いのですね。
ただ、私の場合は痩せすぎの範疇にも入るので、トータル的に、食事内容を改めて考え直そうかとも思いました。
痩せすぎよりも、ある程度、脂肪がついていた方が、緊急事態の際に、生存率が高いとのデータがあるようなので、自分で自分を守っていけることは積極的にやっていきたいと考えます。


lovelomi at 23:44|PermalinkComments(0)女性の病気 | 体重