2016年09月28日

がん哲学外来」行脚 お茶の水メディカルカフェ パート3


おっぱいガン友プロジェクトのニューポン浩美です。

2014年11月末~、がん哲学外来のメディカルカフェ行脚が始まりました。
何か所か参加してみましたが、司会者の魅力といえば、お茶の水クリスチャンセンターのS牧師の駄洒落連発、爆笑トークが断トツ!
昭和の名アナウンサー、宮田輝さん、玉置宏さんばりのダンディーかつユニークなテンポの進行役で笑いの渦の中に参加者を巻き込んで
「病気はあるけれども、病人ではない」の、心持ちにさせてくれます。

ここに来れば、元気になって帰れる、月1回のビタミン剤、パワーチャージできる。お茶の水クリスチャンセンターのメディカルカフェは、私にとって、そんな場所に思えましたので、
ヨシ!これから毎月、このお茶の水メディカルカフェに参加しようと決めました。

年が明けて、2015年1月 
お茶の水メディカルカフェ のお正月スペシャルの日。
なんと、この日は、チャペルの中でありながら、プロの尺八奏者の生演奏を間近で体感することができました。
さらに、尺八の種類や、音の出し方など講義をして下さったりと、お勉強の時間にもなり、とてもためになりました。
その後は、別室に移り、お茶を飲みながらの「対話」タイム。
今回は、
お正月ということもあり、和菓子に熱いお茶がふるまわれ、日本ならではの、和のムードどっぷりのカフェになりました。

昨年末の、クリスマススペシャルに引き続き、年明けの、お正月邦楽スペシャルのメディカルカフェに連続して、参加してみて、思ったこと。
「がん」という病気を通して、このような場所で、新たな人達との出会い、一期一会もあるけれど、人間関係を育んでいけることへの希望、そして、感謝の心持ちになった自分がいました。
次回の2月の、お茶の水メディカルカフェが、今から、楽しみ!

この日の、樋野先生の格言は、
”人間は耐えられる範囲で苦しみが与えられる、それが、後々、自分のためになる。それが、人生!”



2016年09月20日

がん哲学外来」行脚 お茶の水メディカルカフェ パート2

おっぱいガン友プロジェクトのニューポン浩美です。

2014年12月、がん哲学外来「お茶の水メディカルカフェ」に初めて参加しました。

さかのぼること、2008年7月に、日大の駿河台病院で、MRI,CT,他施設でPETの検査を受けました。
その結果、患部、乳がんとされる細胞の大きさが3年前と変わらず、他の臓器にも転移がなかったので、2005年~2008年の間、私の乳がんに対する治療、霊能者としての出会いを含めての、代替療法が効果があったのでは?という結論に至り、この時点では、我々夫婦の選択した治療法が間違っていなかったと判り、大変、安堵しました。そして、非常に嬉しかったです。

そんな思い出のある「お茶の水}の地に再び訪れました。懐かしい気持ちと何かホットする気持ちが入り混じった思いが心にありました。
お茶の水口の改札口を出て、賑やかな雑踏を歩くこと2~3分。たくさんの楽器店が立ち並ぶ表通りのビルの中にチャペルがあります。
エレベーターに乗って8Fへ。降りるとすぐに受付があり、名簿確認して、首から下げるネームプレートを頂きました。すぐ脇のチャペルに誘導されて中へ。
今回は、12月、普段のメディカルカフェとは趣を変えて、クリスマススペシャル!
軽妙なトークのS牧師の司会でスタート。
ピアノ伴奏と共に、プロの声楽家の美声に酔いしれながら、クリスマスの気分を存分に味わえたあと、隣の部屋に移動しました。
長テーブルにそれぞれ座り、グループを作りました。
この日は、声楽家の女性のスポンサーである、ヤマザキナビスコからの協賛品がクリスマスギフトのお菓子としてふるまわれたり、クリスマススペシャルなので、一人分ずつ、生ケーキとコーヒーが準備されていて、特に女性には?スイーツもあり、盛り沢山の楽しみ満載でした。
さて、お茶を飲みながらのトークタイム。私のテーブルに集まった方がたは、皆さん女性ばかりでした。そして、私を含めて乳がんの患者さんが多かったです。
ただ、ここでも、私のような代替療法の治療の経緯を持つ方はおられず、驚かれるばかりでした。

そして、私のテーブルの進行役の若い20代の女性、まだ、大学生とのこと。
ご自身のお母様が乳がん罹患者で、そのことがきっかけで、このOCCのメディカルカフェのスタッフになられたとか、感心してしまいました。年齢ではないですね。
まさに、気持ちと行動力のなせる業ですね。


2016年09月13日

ガン哲学外来」行脚、お茶の水メディカルカフェ パート1


おっぱいガン友プロジェクトのニューポン浩美です。
 

前回、2013年11月に銀座での、かつらメーカー=スベンソン主催の「ガン哲学外来」に、初めて参加した時に、各テーブルごとに代表を一人決めて、それぞれの対話の内容のまとめを発表していきました。

勿論、樋野先生への質疑応答もありました。

その中のおひとりが、いつも「お茶の水のメディカルカフェ」に参加しています。という方がいました。

「お茶の水かあ~?」
銀座の地も、おしゃれな老舗感があって好きですが、お茶の水というのは、2005年~2008年の間、私が玄米菜食、温熱療法、気功、鍼灸、ありとあらゆる代替療法と並行して、霊能者=不思議おじさんとの出会いから、霊能体験を通じての治療を続ける中、一度、確認の意味で、病院で検査をしてみようと、主人と相談して決断、白羽の矢が立ったのは、乳がんの名医が在籍する、日大の駿河台病院でした。この病院があるのが、「お茶の水」。
代替療法の鍼灸メインのクリニックにも、「お茶の水}下車で徒歩で清水坂を上がって湯島まで通っていたので、「お茶の水」は、私にとっての”メディカルタウン”ゆかりの地です。
そして、大学も多いので、学生も多く、フレッシュで賑やか。さらに緑も多く、電車の見える風景もとても気に入っている街です。

初めての、銀座での、「ガン哲学外来」のメディカルカフェに味を占めた私は
よし!次は「お茶の水メディカルカフェ」に行ってみよう~と決めました。

「ガン哲学外来」のHPから、「お茶の水メディカルカフェ」の日程を調べて、、と、クリスチャンセンターと書いてある、場所は教会のようです。
開催日は、12月13日の土曜日。
案内には、「クリスマススペシャル」プロの声楽家を招いてのライブコンサートもあるとか。何やら、楽しそうな雰囲気、おもしろそう~!
ますます、ドキドキワクワクしてきちゃいました。

続きは、次回に~。