2021年12月30日

新しい薬フェマーラ、順調!


2021年10月29日、金曜日。3か月に一度の経過観察の日です。
今日はお天気も良く暖かく、通院するのには、最適の日となりました。
有難~い。
時間通りに受付を済ませ、待合室に向かうと、7~8名、すでにお待ちの患者さんがいました。前回までは、コロナ禍の影響か、1人または多くても3人の患者さんの待合でしたが、今回は緊急事態宣言も解除後ということからか、ずいぶんと人数が増えていました。また以前のような予約時間に来ても、1時間~2時間待たされるのは当たり前の状況に戻ってしまったようです。トホホ、。
ようやく、コーディネーターのIさんに、「ニューポンさん、どうぞ~」と、名前を呼ばれ、診察室に入りました。いつも通り、「どうですか~?」と先生からの問いかけに、「変わりないです。まったく元気です!」と笑顔での私からの返答に、
「いいですね~。」と笑顔で返して下さいました。この新しい薬、フェマーラが効いているということですね。という結論に今回も落ち着きました。ほッ。
今年2021年の1月にCT検査をしたので、3か月後の来年2022年の1月に、1年ぶりのCT検査を再度してみましょうとなりました。血液検査という方法もあるのですが、私の場合は結果として反応がでないようなので、CTという選択肢となりました。
転移とされている右肺の小さな影が奇跡的にも見えなく、なくなっていることを望みます。

<お知らせ>
昨年2020年の8月に、ほんの気まぐれに作り始めた、音楽に乗せた料理の動画が50本を超えました。ちょうど、1年目のマイ記念ということで、新しいフィールドでトライしてみようと思いました。
というわけで、今年2021年の8月、youtuber として、デビューしちゃいました。笑。
ちょっと、覗いて見る感じで、気楽~にご覧になってください。
毎週土曜日の午後の時間に更新アップしています。
現在で、20本の配信となります。
気に入ってくだされば、是非、チャンネル登録もお願いします。
アーカイブも全てご覧頂けます。

それでは、ご訪問お待ちしています。

デリシャス所長の気まぐれキッチンラボの紹介
https://www.youtube.com/watch?v=fXFpRZwluBk

デリシャス所長の気まぐれキッチンラボの本編
https://www.youtube.com/watch?v=smh7IAKWAxk






2021年10月30日

新しい薬フェマーラ 1周年記念!


昨年2020年の8月に新しい薬フェマーラに変えて、ちょうど1年が経ちました。

今日は、3ヶ月に1度の経緯観察の通院日、2021年7月30日金曜日です。8年前の8月に左胸乳がんとリンパへの転移の温存手術を受けました。季節は真夏、それも尋常でない暑さだった記憶が蘇ってきました。その後は、抗ガン剤も放射線治療も受けずに、3年が過ぎた頃に、傷口のすぐ近くに小さなしこりを発見して、再発もしくは前回手術をした際に皮膚の裏側についていた取り残し?かもしれないと主治医に言われました。そこから、タモキシフェンというホルモン抑制剤を服用して4年が経った頃、左脇のリンパの部分にコリコリした大豆大のしこりが確認できて、タモキシフェンの限界を見極め、現在は、新たなホルモン抑制剤のフェマーラに変えてみての薬服用の治療の流れになっています。

起床時の手もこわばりという副作用もなく、通常の日常生活を普通に送れていることを、主治医に伝えると、先生も、『いいですね~。』と笑顔を見せてくれました。

人によっては、辛く、苦しい、痛みを伴う治療を長い年月受けなければならない

状況もあるかと思いますが、そんなこともなく、ここまでこれたことに感謝の念を抱き止みません。本当に心から有難いと思っております。






2021年05月09日

新しい薬フェマーラに変えて、8か月目。


令和2年の8月に新しい薬フェマーラに変えて、現在、8か月が経ちました。
フェマーラを服用し始めて、5か月目の令和3年の1月にCT撮影検査を受け、前回、それ以前に受けた令和2年の5月のCT撮影検査の画像と見比べて、右肺の小さな影が少し小さく、薄くなってきた。左胸の小さなシコリも、左脇りんぱに転移していたシコリも以前に比べて、私自身の手で触った感じも小さくなった感触であり、実際の画像で見た様子でも、小さくなっているのを確認できました。
ですので、新しい薬フェマーラの効果は出ていますね。という診断結果でした。
このまま、フェマーラを継続して様子を見ていきましょう。ということになりました。

そして、令和3年4月23日に、経過観察の再診を受けにいきました。
その間も、聞きなれない継続的な咳が出てきているとか、再発や転移している患部に異常が出てきたとかもなく、風邪もひかず、コロナにも感染せずに、毎日出勤して通常通りの生活を送れています、と、主治医に伝えると、安心したように笑顔を見せてくれました。
ただ、ひとつ気になるのは、4月の入って、左脇リンパの転移部分を中心に、ツッパリ感というか、その間、軽いけれど重い痛みのような感覚が何日か続くようなことがありましたが、今も継続してあるわけでないので、自分としてはさほど気にしてはいません、とも伝えました。
このツッパリ感?軽い痛みのような感覚は、14年前~8年くらい前までの間に、何度か経験した記憶があるものでした。

今後は、この薬フェマーラの効果がなくなってきた後の治療法としては、注射になるようです。月に1度の接種で、1回、5~6万、かかるそうです。
高額医療制度の活用が必要になってきますね。

乳がんに罹患して16年間の長い年月のお付き合いをしてきた患者本人の希望としては、今後も、一日でも長く、今の変わらない生活が続けられるのが、理想なので、このまま、がん細胞に活発に動くことなく、大人しく~眠った状態でいてもらいたいと強~く望む私でした。



lovelomi at 17:24|PermalinkComments(0)女性の病気