乳ガン・ホルモン剤

2015年07月19日

ホルモン剤で様子見?

「今回、2週間前からホルモン剤を飲み始めましたが、特に更年期障害の症状は感じられませんでした。そして、嬉しいことに、少しずつ左胸の”がん”の”シコリ”が小さくなったような感じがします。」と、左胸をさすりながら、私。

「実際に数値は検査をしてみないとわかりませんが、ご自身が感覚で小さくなったというのは本当だと思います。効果があったということです。来月、手術する予定になっていますが、これから引き続き何ヶ月かホルモン剤飲み続けてみて、より小さくなった段階で、はじめて手術を検討するというのはどうでしょう?その方が身体に対するダメージが少なくてすみます。」

2年前の7月中旬の話ですが、イケメン先生との2回目の診察日での会話です。
有り難い提案でした。ただ、この時点で自分自身の仕事の環境がお盆休みとお正月休みしかまとまった休みがとれませんでした(木曜日のみ休み、土日祝日は全て出勤)”がん放置療法”のセカンドオピニオンでのK医師に、手術をすると決めたら半年以内に済ませた方がよいのではとのアドバイスもあったので、心の中では「絶対に8月」と決めていました。ですから、やはり予定通りに8月に手術の段取りでお願いをしました。 

lovelomi at 02:06|PermalinkComments(0)

2015年07月12日

ホルモン剤、効いたみたい?

私は本来、「薬」というものに距離をおいてつきあってきました。できるならば、自分の身体の本来持ちうる”自然治癒力”にまかせて、元のニュートラルの状態にもどすのがベストと思っていたからです。「薬」といっても、自然に近いもの”漢方薬”であれば、まあ〜許されるかな?という考えでした。

乳がんとの出会いから、主人とともに自分が選んできた様々な治療法をへて、ここまできて、私自身がなるべくさけて通りたかった3大療法、①手術②抗がん剤③放射線治療の、①手術に臨む段階にきている現在、前段階として西洋医学の「薬」のホルモン剤の服用というところまできてしまっています。
ホルモン剤を服用することによる副作用はあるのかと、同席していた主人が尋ねたところ、イケメン先生は「更年期障害の症状ですかね。人によって違いますが、ホットフラッシュとか、、」との返答。
この頃まだ、特に更年期障害の自覚症状はなかったので、どんなものか?と思いながら、ただ、一度決めたら思いきりのいい方なので、ホルモン剤を決められたとおりに飲みはじめました。

1週間、10日と経つうちに、入浴時に左胸の”がん”とされる”シコリ”が少〜し小さくなってきた感じがしてきました。「ム、ム、ム、」これは変化あり!!目がキラリンと太陽の方に上向き、口がにんまり、口角が上がり、心に小さなハートがひらひらと舞い始めたのを感じました。

 

lovelomi at 02:06|PermalinkComments(0)