乳ガン ・気エネルギー

2014年12月14日

恐るべし。効果あり~!

その後も 、へんてこりんパワーで霊格とやらを高めるために不思議おじさんのサロンに2年程通いました。その間風邪もひかなくなり馬力もついて(笑)いわば健康そのものでした。ただ、触ってみて左胸のシコリはすこ〜し大きくなったかな?の感じがありダーリンも3年経つから一応精密検査してみようとの事でN大病院の外科を訪れました。

エコー検査をしての結果は実際大きさの変化はあまりなく、担当医の所見では、今までやってきた「気」エネルギーの操作治療が功を 奏したのではないでしょうか? という見解でした。QOLを保ちつつより健康体になれたことを真に喜びました。ただ、この際全身くまなく検査してその他に転移はないかを調べましょうということで、CTスキャン、MRI、PETまで行いました。検査結果を聞きに行く当日、やはり、覚悟はしていても心臓はドキドキ‼︎担当医の前に座り、口から発せられた言葉は「他に転移は全くないです 。」

”セ〜フ‼︎” 再び、両手を空に向かって大きく広げ「ヤッタ!神様ありがとう‼︎」と叫びました。
7月の夏の空が青々となんと眩しかったこと‼︎

lovelomi at 02:30|PermalinkComments(0)

2014年12月08日

へんてこりんパワー?

そのおじさん=S先生いわく他人の妬み、嫉みが人間の心に絡みついて病気の原因になり、「気」エネルギーを操作することによりそれを取り除けば、健康になるという理論でした。

実はその先生は元鍼灸師であったそうですが、その技術に限界を感じていた頃に、ある夜就寝時に、宇宙と繋がる感覚を覚え何やらある「言葉」を耳にしてその言葉を「漢字」にしていったそうです 。その漢字が今まで見たこともない実在しないような「漢字」であり、毎晩、次から次へとその不思議現象が起こり難解でへんてこりんな「漢字」を書き見つけることにより「その力」を会得していったらしいです。

こういったサロンを開くために苦手なドイツ語も克服して医学博士の資格も取ったということです。ただ、西洋でも、東洋でもない独自の治療法を施術するそんな先生なので 、我々の持参したセカンドオピニオン資料としての画像を直接お見せして判断してもらおうとしましたが「餅は餅屋」ということで答えはNO!
先生独自の「気」エネルギーでの診断としては「乳ガン?ないよ!」の一言。「エ〜⁇」と私。心の中はパア〜と明るく花畑!やっぱり1%の望みにかけてよかったんだ〜と背中に羽根が生えて満面の笑みで空飛ぶ鳥になった気分でした。一気にNK細胞バリバリ!元気まんまん!ワンダーwomanに大変身しました。

lovelomi at 01:56|PermalinkComments(0)

2014年12月02日

不思議おじさん

そんな折 、ネットで不思議な現象を追求&解明することを面白がる「不思議研究所」の記事に「気」エネルギーを利用して病気を治す不思議おじさんの紹介が出ていました。こうなれば、藁をもつかむ思いで早速恵比寿にある診療所?サロン?を訪ねました。

駅に近い普通のマンションの一室。インターホンを押してドアを開けると狭いスペースにクリニックの待合室風に椅子が2~3脚並ぶ。奥から、背の高いオシャレな感じの中年の女性が痩せた笑顔で迎えてくれました。そのまま案内されると薄暗くされた部屋に各々カーテンで仕切られた簡易ベッドが10ばかりあったでしょうか。その1つに仰向けに寝かされ待つことしばし。60代くらいの白髪の少しお腹の出たおじさんがやって来て生年月日と名前を聞かれました。そして、そのおじさんはベッドの傍らに立ったまま歯をカチカチ鳴らしながら両手をJAZZのスイングのリズムを取るように軽く降り続けていました。その間1~2分ぐらいだったでしょうか?「そのままにしててね~」というとカーテン越しのお隣のベッドの方に移って行きました。その後時間をおいて2度程おじさんはやってきて同じ動作を繰り返しました。正味45分ぐらいであったでしょうか。3度目に「じゃあ、今日はこれでおしまい。1週間後にまた来て。ハイ、4000円!」と茶目っ気ある顔で手を出したところはまるで子供みたいで、心の中で笑ってしまいました。

lovelomi at 23:20|PermalinkComments(0)