術後、仕事復帰、一日目を終えて

2015年11月29日

術後、仕事復帰、一日目を終えて


おっぱいガン友プロジェクトのニューポン浩美です。

この日は金曜日、一般的に会社勤めの人達が1週間の仕事の最終日になります。夕方から夜にかけてはまあ〜まあ〜のお客さん来店の混み具合。閉店時間は夜の8時ですが、明日の準備や、事務的な作業、諸々あわせて、お店を出るのは夜の9時過ぎ、いつもどうりの時間。明日の土曜日、明後日の日曜日は、超忙しい、立っている時間も長く、完全終了するのは10時、11時はあたりまえ、術後まだ2週間しか経っていない身体を気遣いながら、気合いを入れつつ、乗り越えなければのガッツの意思を、帰りのメトロの中で新たに固めました。

「ただいま〜」と、ダーリンと共に、無事帰宅。
「お帰り〜、お疲れ様〜あ」と、下の娘が少し不安げな笑顔で迎えてくれた。
あ〜一日の仕事を終えて家に着くとホッとする。まずは、ゆっくりお風呂に入って身体を休めましょうと、そして、下着を脱いだ時に、フッと気付いた。
タンクトップの内側にかすかに血液の跡が、「ん、、?何?」
左胸の温存手術の傷口の1カ所から出血していたらしい。傷口を見てみると、今は出血は止まっている。今まで何とも無かったのに、大丈夫だろうか?
やっぱり、家の中の日常の生活でない、仕事としての無理な動きが影響して、身体にダメージを与えてしまったのだろうか?
入浴も、イケメン先生からは、1週間前にOKサインが出ていたのですが、自分としてはずっとシャワーで、仕事復帰前夜に初めて入浴しました。入浴によって傷口に何か影響が出てしまったのだろうか?なんて勝手に解釈をしてしまっていました。
晴天もつかの間、再び、暗雲が立ちこめてきた夜となりました。

lovelomi at 18:35|PermalinkComments(0)