仕事復帰後、まさかの再診

2015年12月20日

仕事復帰後、まさかの再診!?


おっぱいガン友プロジェクトのニューポン浩美です。

入院日、退院日、それから1度目の再診、2度目の再診を経て、今回で5回目の再診。うだるような真夏の日射しを浴びて、8月の最後の週の月曜日、まさかまた、この川崎の地に訪れるとは、そんな思いを心に病院まで足を早めました。

1階の総合受付時間はゆうに過ぎていましたが、そのまま乳腺外科の受付まで直行。診察室に入ると、イケメン先生が、今までにないくらい心配そうな顔で迎えてくれた。
手術直後と、その後の術後の経過は良く、問題はなかったと先生の説明を受ける。ただ、先生自身が復帰OKサインを出したからともおっしゃった。
私自身も、そう思ってきたし感じてもきた。ただ、ここ2〜3日の状態が腫れて、熱も持ち、さらに少し痛みもあるし、今が一番辛いと感じるのが正直なところ。原因として、傷口から雑菌が入り込んでの感染症の疑いがあるとのこと。内出血の可能性も。抗生物質を投与して処置していくらしい。
そして、次の瞬間、「入院しますか?」と、イケメン先生からの軽〜いひと言!
「え〜?!」と私。
「想定外だな〜!」とダーリン。
その場合3泊4日を目処に集中して点滴入院になるらしい。手術入院より長い。
今日は場所を変えて、診察室の向かいの処置室で30分くらい点滴を受ける。

まさか、まさかの連続の2013年の私の夏。点滴を受けるのも生まれて初めて!
真白い、清潔で、絵に描いたようにクリアな空間の処置室の中で考える。明日から3日から4日も、毎日暑い中、汗グショグショになって、点滴のために通院するよりは、いっそ、入院したほうが絶対身体への負担は少ないし楽だ。ちょうど1週間お休みも頂けたことだし、よし、この際「再入院だ!」と、点滴を受けながら、この時、心でピキッと決断した私でした。


lovelomi at 12:32|PermalinkComments(0)