再入院、ヒィーリング?①

2016年01月17日

まさかの再入院、初日の夜に、ヒィーリング?


おっぱいガン友プロジェクトのニューポン浩美です。

今から、2年4か月程前の2013年の8月27日、乳ガン温存手術後、そして、仕事復帰後、4日目でまさかの再入院となりました。

今回は個室ではなく、6人部屋の窓際のベッド。夕食の時間が過ぎて、一日3回の点滴の、最終回の夜の点滴が終わり、ひとりベッドの上でTVのお笑い番組をイヤホーンで聞きながら、おかしくて、笑いをこらえる。病気でありながら、ホッとできる、この自分だけのゆったりとした時間がありがたいと思った。

思い返してみれば、2泊3日の手術入院の後、自宅に戻ってからは、翼の折れたエンジェルではないけど、傷を負った身体です。ですが、リハビリしないと戻りが悪くなるし、2週間後に仕事に復帰する予定でしたので、気持ちはハイ!に、毎日のリハビリも積極的にこなし、痛い痛いと思いながらも、できる範囲で家事も普通にこなしてきました。(もちろん、家族は全面的に協力はしてくれてはいましたが)根は頑張り屋さん、痛みには比較的、鈍感?というか、あまり考えないようにしている、気をそらすようにして生きてきたので、病気でありながら、術後に家に戻ってからも、ゆっくりと身体を休めたということはありませんでした。
こうして、手術入院時より、長い3泊4日の日数で、再入院となったのは、身体を休める時間を神様が与えてくれたのだなぁ〜と思いました。そうして、眠りに入っていきました。

「あ、なんかズキズキする〜」
左胸の傷口周辺の痛みで目が覚めました。夜中の2時過ぎでした。熱く、熱を持った感じでズキズキとうずく感じも。咄嗟に、自分の身体なんだから、ヒィーリングで治してみようと閃きました。右手を患部に当てて、左手は左足の付け根に置き、呼吸を、やすらかに深く、ゆっくり、吸って〜、吐いて〜を、何度も繰り返しました。しばらくすると、痛みが薄らいできました。
自分の顔が、微笑み顔になったかんじがしました。

lovelomi at 17:50|PermalinkComments(0)