再入院、3日目、究極?

2016年04月10日

再入院、3日目、これが究極の??


おっぱいガン友プロジェクトのニューポン浩美です。

こんばんは。
今日は春らしいとても穏やかなお天気でした。
夜になっても、暖かく夜桜見物にはピッタリ!
そろそろ最後の桜を楽しんだ皆さんも多かったのではないでしょうか?

さて、本文に入ります。

2013年8月29日木曜日、
乳ガン&リンパに転移、温存手術退院後、18日目にして内出血、感染症の疑いで、はたまた、再入院して3日目。

当の本人は、再入院というものの、大吉方位旅行としてガッツリ前向きに捉えていたので、メチャ嬉しい気持ちで、かなり興奮気味!ましては、自分から入院日数を伸ばしてほしいとお願いしたくらい、、笑

明日、退院ではなくて1日伸ばしてもらったので、今日は余裕の入院生活3日目。
1日、2日目でだいぶ汗もかいたし、そろそろシャンプーもしたい頃。シャワールームがあることを知ったので、午後の点滴の後、シャワーを浴びて、シャンプーもして、きれいサッパリ、あ〜気持ち良かったぁ〜、なんて、しあわせ気分〜。

この時すでに、1日2回のイケメン先生の回診は終わっていました。さっぱりしたところで、夕方近くにもなり、1Fのロビーの売店の美味しいホットコーヒーでカフェタイムを楽しもうと、ナースステーションの前を通りかかった時、偶然、イケメン先生がいらして目が合いました。「今から、1Fに行きます。」と、私は先生に指で合図をしました。ところが、私の臨時の診察があるようで、すぐに、踵を返し、病室に戻りました。

患部に水(のような体液?!)がたまってきていて、少し熱くはれていましたので、その一部を採取して検査に出すということでした。注射器で抜き取ったようですが、特別痛みは感じませんでした。
「内出血しちゃいましたね〜。」とイケメン先生。
左胸の傷口と背中を挟み込むように、しばらく、両手を患部にあててくれました。
まさに、「手当」です。
まさに、「ヒィーリング」です。
西洋医学とセラピーの融合、これは、まさに、私の求めていた究極の治療法です。

吉方位効果、ありあり、です!


lovelomi at 02:24|PermalinkComments(0)