再入院、最後の回診

2016年04月16日

再入院、4日目、最後の回診!


おっぱいガン友プロジェクトのニューポン浩美です。

熊本での地震による被害は凄まじいものですね。
被災された方々が一日でも早く安堵することを願ってやみません。

本文に入ります。

2013年8月30日金曜日。
一日退院日を延ばしてもらい、今日は再入院の4日目。
4日目となると、入院生活も慣れてきたもの、朝から、はじまって夜までの一日のリズムがわかってきました。

私のベッドは窓際にあるので、外の景色が見えて開放感があります。夜になっても、直下は街道で車の往来があり、ネオンもあり、淋しさを感じることはありませんでした。
ただ、2013年の夏は猛暑でしたので、朝8時過ぎに、窓から日射しがガンガン差し込み、グングンと室温が上がってきます。
当然、エアコンは効いているのですが、かなり我慢強い私でも、もぉ〜暑いのは勘弁〜と、一日退院を伸ばしてもらった私ですが、へんなところで弱音をはいてしまいました。 笑い

この日は昼食を食べ終わり、2回目の点滴も済んで、ウトウトしてきました。微かな午睡に入ったころに、イケメン先生が回診に見えました。

「ニューポンさん、今回はつかの間の休暇でしたね!」

「、、、」
まるで、私の心を読んでいたかのような、先生のお言葉にドキッとしました。

「明日はいよいよ退院ですね。その時は立ち会えませんが、来週の再診はいつがいいですか?」

私はすかさず、自宅から見て病院が吉方位の日を、主人とのメールのやりとりで、すでに確認していたので、

「先生、来週の月曜日はいかがですか?」

「あ〜、いいですね。あまり日が空かないほうがいいので。」

そして、最後に傷口をチェックしてもらい、私はベッドに横になりました。

この間、午睡途中のウトウト感の中での会話でした。
診察後に、先生が何か言われたような気がするのですが、はっきりとは覚えていません。

そして、カーテン越しに、
「では、月曜日に!」と、
さわやかに手を上げられて、イケメン先生は病室を後にされました。

lovelomi at 19:08|PermalinkComments(0)