術後、血液検査

2016年10月30日

術後、2年過ぎて、初めての血液検査


こんにちは。
おっぱいガン友プロジェクトのニューポン浩美です。

2013年8月に乳がん&リンパへの転移後の温存手術を受けて2週間後に仕事復帰。したものの、傷口下で内出血を起こし再入院(4泊5日)→そして、退院後、再発防止のために放射線治療を勧められましたが、副作用のことも考えに入れて化学療法は受けることなく、自然の状態で経過観察を進めてきました。

2015年8月、手術を受けて丸2年、とにもかくにも、何事もなくいい感じで過ごしてくることができました。途中途中の、経過観察で、イケメン先生から
「OK.いいですね。いい感じですね~。」とお墨付きを頂き、応援されて、安心してここまできました。

2014年10月におっぱいガン友プロジェクトのブログを立ち上げて、もうすぐ1年!
 
2015年10月、がん哲学外来のお茶の水メディカルカフェで知り合ったMさんを招いて、地域センターの一室を借りて、初の、おっぱいガン友プロジェクトのオープンメディカルカフェも、単独で、開くことにもたどり着きました。

「乳がん」という病気に、自分自身がかかり、この病気を通して、時間をかけて、様々な人達との関わりが大きく広がりつつあります。
こうして、病気という、内向きな、ネガティブな存在でありながら、外に向けて、ポジティブなアクションをいくつも開かせてくれたことに、大いなる存在=「天」
に、感謝の念を本当に強く感じます。

さて、今回の再診は、術後、初めての血液検査をすることになりました。
イケメン先生の問診、触診後に、2Fの採血室で採血してお帰り下さいとのことでした。結果は、2週間後にわかるらしいですが、2016年の2月に企業健診があることを伝えると、その結果の診断書とともに、今回の血液検査の結果も合わせて診てみましょうと、次回の経過観察の再診日は、2016年3月になりました。
エッ、そんな先で大丈夫なんだあ~と、ちょっぴり、気の抜けた再診日となりました。
 
<ニューポン浩美のファッションチェック>
本日は、黒のベレー帽、白黒のボーダーの長袖Tシャツ、白のチュールのギャザースカートで出陣しました。
病院の帰りに、駅前のファッションビルで、Bagを探していたら、若い女性の販売員さんに
「可愛いですね~」と、声をかけられ、恥ずかしながら、ご満悦の私でした。
ファッションは上げてくれますね~~!とっても、大事ですね!



lovelomi at 17:44|PermalinkComments(1)